リビオ明野中央エミシア

EQUIPMENT / STRUCTURE / SECURITY
設備仕様/構造/セキュリティ

見えない場所の品質が、「いつまでも快適」を支え続けます。


強度を確保する鉄筋の構造
鉄筋の巻きかたは揺れに対して建物の粘り強さを決める大事な部分。地震で発生するせん断力に対しては、帯筋によって柱の耐震性を向上させます。
※主筋:コンクリートの中で,その建物の荷重を負担する主要な鉄筋のこと ※帯筋(フープ筋):主筋を取り巻いて補強する鉄筋のこと


コンクリートの厚さを確保
鉄筋を覆うコンクリートの厚さを「かぶり厚」といいます。かぶり厚を確保することで、鉄筋を錆びにくくしています。


最上階の屋根の耐久性
最上階の屋根は過酷な気象条件にさらされるため、雨漏り対策としてコンクリート躯体で勾配を取り、アスファルトによる防水処理を実施。コンクリートの熱膨張によるひび割れを防ぐため、外断熱(一部内断熱)処理を施しています。


溶接閉鎖型フープ筋(一部除く)
工場で特殊溶接をして閉じた形にした帯筋のことで主に建物の柱部に使われます。主筋を拘束する能力が高く、通常の帯筋よりも大地震時の粘り強さに優れています。


コンクリートの受入れ検査
工場から建築現場に届いたコンクリートは、硬さ、空気量、塩分量、温度などをチェック。品質を確認した後、型枠に流し込まれます。


二重床・二重天井
二重床に水廻りの給・排水管などを敷設することで、リフォームやメンテナンスに配慮しました。また床厚は、約150mm〜275mmを確保しました。


耐震枠を採用した玄関ドア
ドア枠とドアの間に適度なクリアランスを確保した耐震ドア枠を採用。地震により、ドアが開かなくなるのを防ぎます。


ボイドスラブ工法
スラブの内部にボイド(中空)を設けたボイドスラブ工法を採用(一部床を除く)し、天井の小梁が室内に出ることなく、すっきりとした空間を実現します。(一部に大梁やダクトライン※は出てきます)
※ダクトライン:配管が通っている箇所

地震センサー付きエレベーター
エレベーターには地震波をキャッチするセンサーを採用。大きな揺れや停電の場合、最寄り階に着床して扉を開きます。火災管制運転時は、最下層に着床します。


「住宅性能評価」取得
建物の安全性や耐久性を購入者に代わり、国土交通省が認めた第三者機関によって基礎、スラブの配筋、断熱工事など、5段階もの現場検査を実施し、住宅性能評価制度に対応した「設計住宅性能評価書」、「建設住宅性能評価書」を取得予定です。

耐震スリット
「リビオ明野中央エミシア」のコンクリート壁は一部を柱と梁と縁を切っています。地震の発生時、壁と柱と梁が干渉し合って柱がせん断破壊されにくくする施工方法です。


地盤改良地業
[基礎方式にはテノコラム工法を採用]
テノコラム工法とはスラリー状にしたセメント系固化材を地盤に注入し、原地盤と機械的に撹拌混合することによって地盤を強化し、築造される柱状改良体です。(財)先端建設技術センターの「技術審査証明」を取得しています。

※参考写真は、本物件の仕様と異なる場合があります。※掲載の概念図・イメージイラストはシステムや構造をわかりやすく紹介するためのもので、実際とは異なります。