リビオ明野中央エミシア

EQUIPMENT / STRUCTURE / SECURITY
設備仕様/構造/セキュリティ

開放感を支える安心感は、こまやかなセキュリティシステムから
24時間&二重のセキュリティシステムで家族を守ります。

1次セキュリティ


オートロックシステム

エントランスには来訪者を音声とカラーモニターで確認した後、解錠するオートロックシステムを採用。マンションへの不審者の侵入を防ぎます。


防犯カメラ・エレベーターホールモニター

敷地内は、随所に防犯カメラを設置。モニターで確認することができ、犯罪やいたずらの抑制に役立ちます。
※レンタル対応


管理員体制

マンション内には月・水・金・土曜日の日中(※9:00〜15:00予定)、管理員が駐在。共用部分の定期清掃や日常清掃を行い、マンションを清潔に保ちます。

2次セキュリティ


カラーハンズフリーインターフォン

住戸内で音声とカラーモニターにより訪問者を確認してから、エントランスの自動ドアを解錠。留守中の訪問者を録画する機能も付いています。火災警報などが作動した場合は、直ちにALSOKガードセンター(監視センター)に通報されます。
※ 録画件数には制限がございます。


ダブルロック

玄関ドアは2ヵ所に施錠するダブルロックシステムを採用しています。

防犯サムターン

針金や特殊工具を挿入して解錠するサムターン回し対策と、バールでドアをこじ開けようとしても困難な装備を施しています。


ディンプルキー

玄関ドアのシリンダーは複雑な形状や高硬度部品を使用し、ピッキングやドリリングへの防犯性を高めています。キー形状は1000億通りもの鍵違いにより複製が困難なディンプルキーを採用しています。


24時間安心をサポートする
ALSOKガードシステム

もし異常が発生した場合は、その情報をALSOKガードセンター(監視センター)が受信。必要に応じて警察や消防などへ連絡するとともに、24時間体制の警備員が現場へ急行します。
※サービス提供:綜合警備保障株式会社

FIRE CONTROL

火災を起こさない、起こっても広げない、共用部・専有部の防火対策。

共用部の防火対策

各住戸の防火対策

感知警報装置

キッチンや居室で発生した火災を早期に感知し、他の住戸にも警報を発する連動したシステムが形成されています。

漏電火災予防

各住戸の分電盤には漏電遮断器を設置。漏電が発生した場合、ブレーカーが作動して電気を遮断し、漏電火災を防ぎます。

ガスの
自動立消え装置

ガスコンロを使用中に何らかの原因で火が消えても、自動立消え安全装置が作動します。

マイコンメーター

震度5以上の地震が起きた場合や長時間ガスが流れっぱなしの場合は、ガスを自動的に止めるガスマイコンメーターを各住戸に採用しています。

冷蔵庫のコンセントは
高い位置に設置

冷蔵庫の下敷きになって電源コードが破損したり、コンセントにほこりがたまって発火するトラッキング現象を防ぐために、冷蔵庫置場には床から約190cmの高さにコンセントを設置しています。

※参考写真は、本物件の仕様と異なる場合があります。 ※掲載の概念図・イメージイラストは、システムや機能を分かりやすく紹介するためのもので、実際とは異なります。