リビオ明野中央エミシア

DESIGN
デザイン

「ひかり」と「ゆとり」と「みどり」の中に、実りのレジデンスが誕生します。

陽光そそぐ全戸南向き、北側にはゆたかな緑。彼方には悠々と別府湾が横たわります。
定評ある住宅地「明野」の懐に抱かれた地上10階・全78邸は、自然と活気と人々の笑顔が交わる新しいライフステージ。
穏やかなアースカラーを纏いながら、意匠と色調のアクセントがモダンな存在感を語ります。

LANDSCAPE
ランドスケープ

マンションはひとつのコミュニティ、共用の庭はみんなのオープンリビングです。

「リビオ明野中央エミシア」は、緑ゆたかな明野エリアに誕生するコミュニティ。
敷地計画のテーマは「自然」、そして「交流」です。全邸南向きの陽光計をはじめ、
11のアイディアの中にガーデンテラスやプレイマウンドを設けて、安全で開放的な憩いの空間としました。



Landscape Design
有限会社デザインネットワーク
登録ランドスケープアーキテクト(RLA)
一級造園施工管理技士
浅田 英司

豊かな自然とのつながりと広がる交流を創出します。
「自然豊かな明野緑地とのつながり」と「アウトドア空間でのコミュニケーション」がランドスケープのデザインコンセプトです。マンションの北側にある明野緑地と建物との結節点には、お住まいになられる方々の憩いの場として、ガーデンテラスを設けました。また、子どもたちが気軽に、そして安全に遊べる場所として、裸足で遊べるプレイマウンドをガーデンテラスのすぐそばにご用意しました。マンション全体が「一つの家」であるならば、ガーデンテラスは言わば「家族みんなが集まるリビング」。樹木や草花の季節の移り変わりを眺めながら、みんながガーデンテラスに集い語らうことで、お住まいになられる方々同士のコミュニケーションが広がっていってほしい。そんな想いを込めてランドスケープをデザインしました。


ランドスケープデザイン実績
リビオ明野ノウル(2017年竣工)

COMMUNITY SPACE
コミュニティスペース

裸足で遊べるプレイマウンドでは、
子どもたちの交流も広がります。

※掲載の敷地配置図・1階平面図イメージイラストは、計画段階の図面を基に作成したもので内容等が変更となる場合がございます。※掲載の外観完成予想CGは設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部・設備機器等は、表現しておりません。また、表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。